镇江论坛

 找回密码
 注册
123
返回列表 发新帖
楼主: Alfred8

[名作赏析] 纪念马克思诞辰200周年文学纪行《寻找斯诺的红色足迹》(中英日三语)

[复制链接]

233

主题

3

好友

1万

积分
     

版主

Rank: 16Rank: 16Rank: 16Rank: 16

UID
1239730
精华
53
积分
18335
在线时间
7147 小时
最后登录
2018-12-14
发表于 2018-11-23 15:02 |显示全部楼层
本帖最后由 Alfred8 于 2018-12-7 17:34 编辑

                               マルクス の200年誕生日記念するために 文学作品
                                   あのスノー の赤い足跡に 探している。

    ある男のひとは私の対面に坐ている。彼は平均身長てやせだ顔をしている。白いシヤツ外にベーヅユのコートを着きてこの人は迷うように話時 山西人を現れた。彼わ河南省三門峡にすんている。その時家へ帰っています。列車の窓から見ると 灯火の下の景物は急に後へ飛んている。町には夜て後ろへ暗くなだ。この働き者に慣れた旅 私にとって珍しい奇跡になっている。
   早朝 空がだんだん明るくなる時 私わ黄土嶺を見た。さらに 森林の間に浅はかな穴居をいくつが見た。これは陕西省ではなく何がの河南省です。その時本当の黄土高原は遠い前に立ててある。
   西安を出た。列車は相変わらず平原て行く。精密な麦がその深緑色の平原に沿って延々を植える。大地はまるでふあづい深緑畳のごとしだ。蒲城东駅をでた。見物は相変わらず以前のようにあた。 「どれくらい時間がかかるが」と男の人は聞かれた。「四十分くらい」と四川方言て答えた。知らず知らずに以前より畦道は高くなた。鳶色の土は丈夫ように見せているが、実にいろいろなスクラッチをしている。それは風の跡です。畦道がだんだん高くなるによって高い黄土嶺になりました。やがて列車はトンネルに入って後そのトンネルからを出た。路盤は高くなたのて 深い谷から見ると まるで空に飛んている。黄土嶺は幾重にも重なっている。中に新しいストローハットのような形がある。緑色が残り、手作の跡をはっきり現れてあり。あの不規則な山がスノーの述べた物に比べてたいへん違います。いろいろな形状には見えません。その黄土嶺の間たに流れた川が江苏人にとって溝にたとえられたものと言っても過言ではない。川になかれっている水は清水ではなく濁流です。中に一番大きい川として渭河に船がいくことはできない。路線にそって景物が変化する。深い谷やトンネルや黄土嶺や小さな川なとの見物が並べでいる。「相変わらずもの」といれば 列車が相変わらず黄土高原に登っている。「山々には堅牢なスクリーが敷かれている。」と歌の中て歌いました。けれとも延安に近くなたのに その見物は見ることができません。列車はいつもトンネルに行くから見ると その言葉は正しいと思います。
                                            1.安塞の変化
  「私たちわ 一時間くらいで安塞に着きました。この町は延河にもたれて 大黄河の支流は一つである。地図によって 安塞は大きい町ではなく 城壁の除いて 小さな地方です。街はみじめに廃墟はこれあれがある。」 とスノー言いました。「十年前にこの町は大洪水で流れだ。」と姚さん スノーの小説中に人物の一つ言いました。「こんにちの市民は街の近くに絶壁の穴にすんている。室は蜂巢ようにつながている……」とスノー言った。小説によって 私わ「今 安塞人は穴にすんでいないのに 洪水を防ぐために町が山の上に建ってかもしれません。」と思います。
     安塞方言は発音を短くて その人の舌が短いようだ。私わ車てその印象を頭に深いつがている。延安から安塞まで数十里あって 近いために 車て 一時間くらいで着きました。道路に沿って 黄土嶺は前ような黄色いではなく 緑です。森林は薄いのに 名張な草が山を覆った。一目見ただけて 春にような緑山が 見た切れない。
    車て安塞をつきたところ スノーの説明と反面 と私は覚えました。延安というものは 平原に立た町です。高速道路は延河と並べて 山坂に立っている。さらに トンネルに入って とこに行くのは知りません。山に立ている赤い腰鼓の除いて これは 安塞のもとっも鮮明なランドマークです。 
    小説の中で「昔 周恩来指揮所は安塞の百家平に立っている。」と私の頭に浮かべている。そして安塞人に聞きましだ。「すみません」と人々は答えた。彼らは「安塞から西に80キロメトーまで ある王家坪には 毛泽东旧居がたっている。」と知っていますが 周恩来指揮所とは知りません。その場所か見つからないのに 周辺の山の中に立ったと思います。それで 山に登った後 見物を見つけて積もりた。
    安塞は小さい町です。これは小説に同じものです。1,2の街ほかにいくつが橋を立っている。広い所として 広場は一つがある。現代の建物が狭い河谷にあるので これは繁栄した町に違いない。私は山に近くなる時 邸宅を見たことかできます。それは穴がなく 軒下の農家です。部屋の外や中にぜんぜん土地いろです。ある農民 部屋の前に忙しく働きでいました。私は その人前に道を訪ねなさい。「道がいろいろなある。これから東に1本て西に1本ある。」と彼は言った。山道は繋がっているから 私は異邦人として 全然分かりません。 そして 延河に沿って 道を訪ねて行く。
    延河の川が深いて 路面以下の遥かにある。この川は大きい溝のほかない。けれとも 濁流の代わりに 清水は流れている。それて 渭河の様な川ではない。水面が静かて 流れている様子は見えない。防洪堤は高いから あれこれて 山にあうことができます。まさか堅固な堤防があるので 安塞人は安心して山を下って来った。水害を防ぐことために働き者は その川に沿って 最も一般的の見物である。これ働き者たちはほうがのようなではなく 彼わ共産党党旗をさしている同時に はたらいている。仕事場について 私は 色とりどりの旗をみなれた。その上に 赤い旗をさして場所がある。安塞には 党旗たげにさしている。橋の上から見るとその旗て 金色の釜やハンマーガひときわ目にたった。風に一つ一つの旗をなびかせている時 釜やハンマーが時々に現れている。昔の紅軍 今でもあろうが。そうではないなら、なせ党旗ばかりに力強くなびかせたが。
    私わ 短い橋を渡ったとたんに 急な階段が前に現れた。それは山へ行く道ではないが。その道を行けば行くほど道はせまくなりました。これあれは一歩の幅たげてゆえに 道はくねくねと曲がりくねっている。絶壁てその道を歩くければ 大変な危険ものだ。 道路に沿って 鉄鎖が石柱に繋がって 危険をシンボリクタた防ぐ。突然 私は その道て ある老人に会った。彼はしゃがんて山の泉を受けた。 泉はコックから大きいタンカーまでにながれている。このコックは土に繋がて水が土地から浸透して来た。
     山の中腹て 亭は一つがある。あれから下に見れば 小さな町の安塞には ぜんぜん見えます。この町に進出する道は一つたげて 延河に沿って行く。高速道路はトンネルに入ってから どこへ行くのは知らず。安塞は山々に巡って 小さいから 見られることが 易いです。オフィスビルといしよに家屋がたっている。ビルが密集した町中に 裁判所や金融ビルや 特に 目を引く。これから見ると それは 昔 洪水に流れた 古い安塞に違いない。
    腰鼓山この亭より低いてす。この曲がりくねった石の道に沿って もっと 百メートル下に行くのは 腰鼓山を着きました。今 これで 石の門は修理中です。庭園には観光シッズンに観光客をいらっしゃているとこるた。赤い腰鼓は巨人にような その頂上を占めた。下に文化園は室の前に飾っている。安塞人は紅軍文化が大好きな物と考えることは あれこれを現れっている。人の働きムーダに現れたとか 風に党旗をなびかせたとか 最後に人の話す中に現れている。ある二人の老人は 文化園の前に立って 水を売った。 ビズネスマンあるからには ビズネスマンと考えて「水を2本。ついてに 写真を2枚取ってくれませんが。」と私は頼ました。思わなかったところを「買ってくれないでも 助けてあげ。私たちわ 人民のために思想に奉仕する。」と一つの老人は答えた後 写真を2枚取ってあげました。私は友好として水を2本買った。この経営は少しも利己的ではない。十分に話すことになりました。「私も 人民のために思想に奉仕する。観光宣伝ことだから これに行く。英語や日本語て 国際宣伝です。」と私は 冗談ように答えた。老人がそれを聞いて いつもより朗らかに笑えた。
    昼休みの後 私は安塞を離れた。来った時ないように 車が小さい道に沿って 町を出た。この道は泥たらげに村に沿って曲りくねっている。路端にはまた多くの家屋は建てられている。山の麓に建った。中には ある小さい李家湾が立っている。土色の家屋は多いです。店はたくさんある。たくさんの旅客は道に立って車をまっている。安塞から延安まで この道で遠くないて 一時間くらいつきました。目から消えた安塞には 私の頭に残りました。
                                           2. 紅軍大学
                                           a. 保安へ行く
   その晴れが 陕北人による 流れた天気です。青い空下に ひとつまだひとつの緑山は 一目に見た切れない。延河にはだいぶん 乾いているのに 延安中に 一段に水がある。それは 延安大学の近くて 江南の川のよな流れている。水は溢れたとたんにダムの下に ちょろちょろ流れた。私は 洪水の危険にとって 知っているのに 洪水 から ではなく 川床 からだ。山谷の中に 川床が 洪水で 深く切った。恐ろしいのは 谷底が研磨のような土に飾っている。 その生きない顔に生物は生きることができない。洪水防御のために 延安人は 谷の中に ひとつまだひとつのダムを土で 立ち上がった。洪水なければ ダムのおかげで 土地の損害は減少した。
    この工程上に 植林プロジェクトもある。昔 黄土に慣れた高原は 今 黄土が見えるでも 珍しいものとなった。周辺には緑になっている。鳥の声が 続けて聴こえる。草や若い木なと 山に生えている。黄土には 絶壁に ばかりに 現れている。この絶壁に現れた土は やはりあんなに硬いのに 時間によって スクラッチが 多いです。厳しい環境で まじめな働き者として 延安人は 風雨に「統一戦線のために 木を植える。」と誓いを書いた。木植というものは 彼わにとって 国防の同じように 重要性がある。
   車が 志丹で 高速道路の入り口まで 止めた。今の志丹には  昔の保安です。「これから 赤い革命記念地まで 七キロメートルがある。」とガイド·ポストに書った。私は それから 保安へ歩いで 行く。
   だんだん 日中になたとともに 冷たい朝風が 熱くなった。小さな川 一つ 道の深い下に流れている。どれて川があって どれに 作業隊が働いている。あれこれて 高いクレーンを見たことができる。「この道は 昔 あのスノーが通うった道 ではないとに違いない」と私わ思った。古い要塞とは モングル人の戦争遺跡 とは その 小説に述べた物が 見えないですから。 広い平原が山脈の間に広がっている。けれとも 私は 相変わらず しっかりと歩いで 前に進む。
   路傍には 低い部屋や工棚や 多いです。これは 河工の住所ですが。建築者の住所ですが。その建物は道に沿って 長くに延びている。後は陸橋まで止まりましだ。もう少し前に 私は 町に入りました。この町は 街に沿って 商店や学校や いろいろなある。もう百メートル前で バスの乗り場に 1番バスや2番バスや 見えます。バスに待ち合わせて人々は おおくないです。運転手はバントルに伏せで休んでいる。「紅軍大学の遺跡」とある乗り場の名前はボストに書った。1番バスがこのところへ行くので 私はそのバスに乗った。私は その7キロメートル中で3キロメートルばかりに 歩いていくのが この挙動は赤い革命の風味に 待ち合わせた。
                                             b.キャンバス
  1番バス 紅軍大学遺跡まで 止まりましだ。遺跡は 乗り場の向こうに立っている。「中国人民抗日紅軍大学」と壁に金色で書った。キャンバスというものは 絶壁に 縦に並んた 穴室の間に空地です。蛇行するような階段がつかている。階段は頂上までに行く途中 ラッパ手の彫像につかている。また 固い穴室に会議室がある。
   「ある朝 私は林司令官や随行者といしよに 保安出た後 紅軍大学へ歩いて行った。 学校を着いたところを 休みの時て 川辺に バスケットボルをしているの学生があった。…… これを除いて ピンパンをしているの学生もあった。 また 粗雑な教室で 勉強しているの学生があった。」とスノーは小説に述べた。彼は このキャンバスで 二百の学生に 英米政策を教えあげた。」
    「ある朝 私は林司令官や随行者といしよに 保安出た後 紅軍大学へ歩いて行った。 学校を着いたところを 休みの時て 川辺に バスケットボルをしているの学生があった。…… これを除いて ピンパンをしているの学生もあった。 また 粗雑な教室で 勉強しているの学生があった。」とスノーは小説に述べた。彼は このキャンバスで 二百の学生に 英米政策を教えあげた。」
   「教室は古い」と言れば どこまでですが。私は この石道に沿って 一つの穴室に行く。それは 大きい教室です。机がない以上 腰掛けは ぜんぜん 石から 作れた。なんとか 数十人は座ることができます。教室の後ろに「団結、緊張、厳粛、活発」と赤い字て書きました。教壇には 煉瓦の上に 青石板から 作れた。紅軍大学の校歌と抗日軍政大学の校歌が ボールドの横に書きましだ。なせ その低く暗い教室は 大きい 魅力があろが。「林司令官にとって ある 名簿に 二千余人がある。彼わ この学校に申し込みていた。裏口から入ってなくなれば この学校に入ることができません。 
    私は そのことについて としても分かりません。そして 莫校長の住所に入りました。あそこは平地がある。平地にいくつかの彫像が並べている。そのしたに一段の話が石に書った。「君たちは 石器時代の生活をしているのに 先端科学技術を勉強することができます。この先端科学技術はマルクス主義です。君たちは 昔の神様の子弟ですから この穴の中に教えてくれ。社会が粗動を起こった時 穴室から 外出できますよ。」と毛沢東は 学生に 冗談ように言った。この先端科学技術はいったい何なのが。答えは 図書館に探していく。図書館は同じの石室です。同じないところて 書棚が一つのある。書棚の上に いろいろな本が並べている。中にはレーニン選集 当時の先端科学技術として ロッアの赤い革命を成功に案内しました。後は 世界て始めたソビエト国家を立った。これは 昔の ソ連です。それから 紅軍大学は この理論によって 日本の侵略者を打ち負かするつもりです。さらに 赤い政権が立てるつもりです。そのことが考えて 冗談ような話から 自信を取ることができる。
     学生寮て 枕元に いつも楽器が置いています。私は ある色あせたアコテーディオン見た時 小説に「歌い過ぎた」と思い浮かべた。石器時代について 先端設備は何ですが。アコテーディオンのほうがに 私は もう 二つ設備を見えました。送信機や印刷機 と言いました。なんとが ある軍用ラッパは 青銅器時代に入れた。 
    私は その曲がった石階段に沿って すぐにラッパ手の彫像を着きました。沿路には 食堂や指導者の住所なとが 立ってある。ラッパ手は 小さいプラットフォムーに立っている。隠れたプラットフォムには 石から 切り出って トンネルの一端に建った。砂塵たらげに トンネル中に 窓が 四ぐらい 石から 切り出して作れた。この窓 通って 遠い物でも 見えます。トンネルは石に深く切れ。中には 会議室を防空ために2階に建て。 私は 昔の紅軍大学生の精神を探すために 木の階段をぼった後 会議室に入れた。偶然 私は 二つのノートを見た。これは 1977年で 昔 紅軍大学の学長に取材から 書きつくれた。「大学の授業は 中国革命の戦略 です。 授業途中 毛沢東は 西安事变までに チョクを止めた。吴良平さんは 政治経済学を教えてあげ。张闻天さんは 中国革命の歴史。杨尚昆:各国の論ずる。博古:哲学。政治経済学には 最初に 丰凯さんは 教えてあげ。」「民衆は 表彰状を贈ったものについて 私は よく覚えない。私たちは 道路を整備し 掃除をし 家を修理し 後は勉強を始めました。紅軍大学は保安で 八月ばかりに続けた 西安事变まで 止めた。学生たちは だんだん 部隊に配属された。1937年3月 まで 授業が終わりました。私は 延安を着いた時 もう 3月 中旬になた。後は 中央赤軍を延安にいらっしゃいました。それから 延安で 第二期 紅軍大学を建った。
     私は キヤンバスに渋滞して そのノートを読んた。まるで 昔の紅軍大学生が 勉強しているところだ。その砦様なキヤンバスを出た時 ある答えは 心に 確認しました。昔 国民党統治区の優しい学校に比べて 紅軍大学は理想や信念を打ち立て もっとよくなった。なせ 何千万という人が その簡単生活につくたいが。答えたとして 彼わ 新中国の希望を覚えて その革命信念は確かに確認しました。 
   
                    





233

主题

3

好友

1万

积分
     

版主

Rank: 16Rank: 16Rank: 16Rank: 16

UID
1239730
精华
53
积分
18335
在线时间
7147 小时
最后登录
2018-12-14
发表于 2018-12-7 17:35 |显示全部楼层
本帖最后由 Alfred8 于 2018-12-14 15:43 编辑

                                         3. 勝利山で合流する

  呉起県は 志丹県西に立っている。延安から百六十キロメートがある。早朝 私は また呉起への途中です。志丹を着きた時 ポストについて 呉起には もう90キロメートル前です。陕北の見物は同じのに これは 延安に比べと もっと荒れた。人口は少しくなったが 山はまばらな森て やはり緑色です。だんたんば田 を見えるでも 珍しい物です。「土には 作物を育ちする ことができるのに 生産量が少しい。民国時代で 山の家賃は一つに 毎年 百円て 生産価値は 25円 ばかりだ。大量に耕すいれば 森林を破壊し 肥力が水に流れたから もっと貧乏になった。森林の恢復にしたがって 人々は 山から 町に引っ越して 穴室は捨て去られた。その捨てられた穴室が 山の同じ色て 遠から見ても見えない。
     ある二つの中年働き者は 私の同じ車て 紅軍時代様な様子を見えた。彼わ 土色の服装で 皮膚でも土色です。目に見れば 黒い玉を土の中に現れるような。「呉起までは どれくらい時間かかりますか。」彼わは土元の人に見れ と私は聞く。「この車が初めに乗んて 分かりません。」と彼は答えた。この様な姿は 車て少ない。窓の外を見ると その姿が多いです。彼は 洛河の谷に働いている;彼は 高い建物て 働いている;彼は 高い山に 働いている…… けれとも 人々はその服装て 私の生活の中に 普通ではない。その人の数は少ないわけではない、広い土地に広がって 少ないようなです。 合流して 莫大な紅軍になる。昔の紅軍は 今でも あろが。答えは肯定です。 
    呉起には 山と川の間に 狭い町です。2本の道は洛河に沿って行く。簡単ですから 道に尋ねないて 分かりました。地図が必要ない。私は この自信があるので 前に進んだ。紅軍広場や長征モニユメントの方位が 知らずのに 歩いて行く。小さい町ではないでしょが。迷路に心配ないよ。
    洛河には 路面から見ると 延河よりもっと深いです。この時て 細かく流れている。川床は深いから 大雨が降れば 雄大な川になるに違いない。遠いから見ても 長征モニユメントは 山腹に高く立っている。モニユメントの彫像は黄色て釜ようなです。近くについて 紅軍戦士の姿を現れた。私は旅客として あれに着きたものが 難しいです。2本の道には モニユメントに行きませ。1本は 山の麓を通る。1本は トンネルに入って 山の中に行く。勝利山は2本道の中に立って 川の上に立っているようなです。 厳かな場所です。私は 1本の道に沿って行た後は トンネルの近くに小さい道を見つけた。その曲がった道路は 勝利山下の広場に行く。
    山の下に 広場て立っているの建物は 志丹県革命烈士モニユメントです。鳶色コンクリートで 厳しい気がある。「紅軍合流のところて 英明は長くに流れている。」と黒い大理石に2行で書く。勝利山の上に 記念碑と記念館は その後に建てられた。石門を通った次第に石階段に沿って 歩いて登りました。高い広場から下に見れば 私は 長征の日程で歩いて行った。その日程が階段に書った。紅軍広場は 二回に見つけた時 大きいな長征ロードマップを見えた。山の上に建っているのモニユメントは 中央紅軍長征勝利を記念するために建てられた。記念館には この記念碑の周りに立っている。
    「陕北について 私は 2点に話したいと思います。まず 陕北には 私たちの住所です。次第に 陕北から私たちは出発するつもりです。」と記念館の入り口て書った。これは毛沢東の話です。記念館の中に いろいろな長征に関するの写真や資料やある。その除いて 実物は 多いある。最も目を引く物は 毛沢東です。「青い空て南につくガンを遠見った。長城に行かずに 豪傑ではなく。豪傑になるため 2万マイルの長征を行く。六盘山の上 赤い旗は風になびかせ。今 武器は手にある。いつ 蛇をやっつける。」という意味がある。 長征の苦難を経て 彼のに信念は変化がない。この信念は 勝利に案内して 紅軍の信念です。
    私は 長い時間て探したあとは とうとう 旅行の目的に関しての 写真は 4枚 壁に見つけた。あれは 昔 紅軍の兵器補充部です。その所について 彼の小説に述べられた。労働制度や生活制度を述べられた時に 悪い条件て共産主義の生活は現れた。深い穴の中て その工場には簡単な機械がばかりあるのに 時々人才は 優しい工場から 来た。中に 上海や東北からエンジニアが ある。革命理想や中国の明るい前途と一緒に 四方の愛国者を引く。 「君たちは 昔の神様の子弟ですから この穴の中に教えてくれ。」と私は一度に毛沢東の話が思い浮かべた。
     記念館て 私は代表団に会いました。彼は 長征を真似て行ったろうか。八軍の制服を身につくのに 若者ものだ。彼らは 東北大学の共産党員です。一緒に写真を取った。私はシノーの足跡を探して行く、彼らは勉強ために行く。これは もう合流ですが。その 昔の兵器補充部の写真を見つけたから 私は満足に延安に帰りました。
   
                                                     4.洛川会議
    延安から 西に同じないように 洛川へ行く途中の見物はたいてい江南ようなです。遠い山て 緑の森林はもっと 精密だ。古い道路には 長い段て 鉄道に沿って行く。単線鉄道だけて 経営しているかとうが分からない。機関車は一つでも見えません。道路の保護林は 繁茂に生えているのに 見物を見ることができる。それは やさしい農村の景色です。道路には 広い谷に沿って 延びている。ですから 険しい川は 一度でも 見えない。また 部屋を続けて見えます。いくつの農民は 部屋の前に現れた。一番茂っているの場所は 果樹園です。数十ムーの繋がっている果樹は低く立っている。時々 ある年寄りの農民は バスに乗って 卵を売るために マーケットヘ行く。途中の見物は 平原ばがりではなく 時々 車は山の上に 行っている。頂上から見ると、深いの下に広い平原ていろいろな低い山は立っている。
    洛川県というのは 平原に立った町です。私は 洛川についた時 それを覚えた。私は 城壁というものは見えません。小説について 城壁を回られた町ではない。私は それてがっかりした。他の町と同じないところて バス乗り場は一つでも見えない。乗り物として タクシーたげに見えます。がっかりしたところに 私は 方法が 一つ思い出した。タクシーを呼んたあとは「城壁まで どう行きますが。」と運転手に聴きました。「大昔で城壁には取り壊された。」と運転手はがっかりして答えた。「近くに紅軍の記念館は ありますが。」と私は次第に聴きました。「これは あります。これから 10キロメートルで 洛川会議の記念館はあります。料金は20円です。」と運転手は話しすぎように答えた。「これで行きましょう」と私は はっきり言った。
    路程は短かくない、それ以上 運転手には話しすぎような人て 彼は 途中て 私に 続けて 話しています。「洛川リンゴには これて一番有名な物です。遠いところで売られている。このリンゴに関して 革命の物語がある。昔 洛川には 国民党統治区と境を接している。紅軍と白軍がここて戦った。多くの紅軍兵卒は戦死した。それてみんな悲している。そして リンゴは烈士を記念するために戦場から 移植された。彼らは 昔の戦友として真面目にリンゴを栽培する。それから 洛川て リンゴをいっぱい育てました。洛川リンゴには大きくてあまいてす……新中国が立された時 毛沢東は北京に入った。洛川人が毛沢東に感謝するために、洛川りんごを肩に歩いて北京へ贈りました。初めに毛沢東は贈るものを受け取ろとしない。後はこの厚意ありがたい。「甘い。確かに美味しいですよ。贈り物を受け取りことを规律に違反するものだ。」と毛沢東は説明しました。」 
     私はそれを聞いて窓の外を見た。道路に沿ってリンゴ畑は繋がっている。リンゴには 木が低いのに 枝葉が茂る。窓から見ると莫大な帽子をしているようなです。まめな農民には大きい石を枝に繋がって 木の姿を良くなた。偶然に「確かに貧しい家を適切に救済する。救済するのは貧苦に着きました。」「小さいリンゴのに 大きい 家宝になる。」と看板に見つけた。
    話しているところに 車は灰色の庭を着きました。庭の上にペンダクラムを繋がって目に引く。中には洛川会議の記念館です。記念館に入ってから 緊張した雰囲気は人々に襲い来る。大きい文字は厳しく壁に書った。「抗日ために 団結心」「北京と天津を回復するために 最後まで血戦を続ける。」「血税を廃止し 利息は軽くしょう」「警戒心を高めて 敵のスパイを厳重に備えた」記念館には平地に立っているのに 穴室ような建物です。中には 毛沢東や徐向前なと 紅軍指導者の住所がある。会議室もあります。会議室の中にはベンチと机の以外 マルクスやエンゲルスやレーニンやスターニンの画像は壁に繋がっている。それ以外 警護室や電報室や総務室なとの機関がある。戦争近くの気分がこれて深い。
     この気分は紹介について確かに 昔の洛川気分です。「洛川には ソウエト地域と国民党地域を繋がって地方です。白区の革命者がソウエトへ行くのは 必ず ここを通った。一方で 反動者はソウェトに侵入なら 必ず ここも通った界子川から 北の地方は ソウェトの地域て 南の地方は白区です。抗日時期で 延安と西安からの要員や物資や旅客なと 前線へ行くのは 必ず 洛川を通った。1939年後 国民党中の反動者には反共ブームを起きた。彼らは 辺境地帯を包囲して 摩擦を起きた更に特務駅が立った。激しい諜報には国民党と共産党の間に起きた。」スノーの小説にこの状況も現れた。なぜ洛川を通った後は ソウエトに入ったが。なぜ城壁に囲まれている町から出た後は白区を帰りましたが。
    洛川会議は中国抗日歴史に長く流れた作用がある。共産党と国民党東北軍が抗日について 協力するための秘密洛川会談にしたがって 洛川会議を開かされた。「抗日救国十大綱領」は全面抗日中心路線として 決めた。会議中で いろいろな提案が討議して採用された。抗日性質としての持久戦や抗日手段としての自主独立ゲリラ戦に決めた。国民党についての関係を正しくに取り扱ったの原則が明るくになた。毛沢東に中心としての最高軍事指導部が立った。4万5千の紅軍主力は八路軍に改編されたのことを発表した。それから 八路軍には 大黄河を渡った後 抗日前線へ行く。全面自主独立ゲリラ戦を起きたところて 平型关や雁门关や阳明堡なとの勝利を収めた。
   毛沢東に中心としての中央は前線に立って策略を決めた。彼らは戦闘一線に繋がって 紅軍の命運や自分の命運も手に握った。私は 洛川から学んた知識が スノー様な感動を心に起きた。

                                                    5.延安の革命遺跡  
   延安駅を出たあと 後ろに見れば 昔 紅軍は町に入った時の写真を思い浮かべた。その駅は 昔の城門ようなです。延安は革命遺跡に建ったものは これまで 現れた。乗り物から見て この町が 大きいではない。バス路線には 2本たげ 駅前に見つけた。1番バスと206番バスです。延安には町としてさっぱりです。現代建物中に時々古い建物も見つけた。古い部屋の窓とドアが大きいから見て 昔の模様に設計したに違いない。延安は大きいないのに 小さいと言えばわけにはいかない。7番のバスには10乗り場を通って 最後 延安大学に近くの杨家岭についた。杨家岭は都市センダーも中で 延安大学や付属の学校がいろいろなある。商店やホテルやこの周りに にぎやかた。私は 杨家岭の下に きれいな旅館に泊まった。次第に 近くの町への旅行を始めた。初めに 延安の景物は 車の窓から見たばかりです。
   本来 延安文化はボタ山と延河を巡って生まれた。今 延安も 国際化に発展した。広い街や高いビルや繋がって商店なと 町の中に広がった。ある日 私は 延安東駅に車から下ろして8番のバスに乗って旅館を帰りました。ですから 方向に違ってこの町を巡れている時 ついでに見物を見つけた。古い街には狭くて混雑して抗日軍政大学の周りに あります。低い店が灰色て街に沿って並べたこれて私たちの大西路ようなです。 様子が古いのに 経営がよい。現代ビルのより もっと 賑やかった。広い地方をついた時に 国際化下に 古い特徴が失った。現代の店は都市ごとに標準化になった。現代文化の中に 延河やボタ山なとの古い文化が目につかない。熱心て探すないければ 覚えないよ。
    私の見たにとってボタ山は 延安東駅の周りに立っている。 下に延河が細かく流れている。緑の木に覆われて ボタ山は 痩せているようなです。頂上に立っているボタ山とともに 強い気があるのを感覚された。さらに 私は 抗日軍政大学中に昔ボタ山の絵が思い浮かべた。ボタの除いてぜんん同じないよな物です。古い絵の中には丸い山々の間に延河は曲がれて流れたいる。延河以外はぜんぜん土色です。ボタ山の向こうに丸い山々には延河に沿って長く並べた。惨めに見物を見つけた時 とうしても 町ではないと思います。人の姿が ボタ山の穴とこの前の道ばかりに現れた。何世紀に中国人はその環境て暮らしているのが。歴史中に単調の生活は長くに続けた。変化というものは 最近に起きた。抗日時期の見物にはその絵に現れているのが何十年前だけた。その抗日軍政大学が1937年の保安て紅軍大学から移転された。
    延河は道に並べて流れている。あるところて低いダムを作った。水がダムを氾濫する時 喫茶のような口々に流れた。川の中に一例石柱を打ち立て 延河は横に歩いて行くことができる。その川ですが。渓流と言えば良い。けれとも 昔の絵について延河にはその模様ではなく。高い堤防の続けた様子を見れば 雨のシーズンに荒れ狂う流れるに違いない。
   ボタ山と延河とともに延安の周りに赤い革命遺跡を繋がって 立派な絵になった。その絵は延安革命記念館です。記念館に入った後 多くの物語について 私はもう知った。志丹吴起や洛川安塞やについての物語ではないでしょが。当然 私は知らないことがあった。それは 私は行ったないところついてに物語です。また 延安自分の物語です。それは 1943年から1948年まで 中央の住所としての枣园です。私はこれにも訪問した。たって 話題に離れて 私は言いたくない。
                                       
                                             6.書留
    私はスノーの足跡を探すために延安へ行きました。けれとも彼の足跡には 深い土に覆っている。しかし 彼の足跡は 小説になる。それから 中国人の心に残れました。その足跡には紅軍の革命に繋がっている。すると 昔の時代に繋がっている。紅軍には歴史にあるのに 今でも離れではなく。紅軍意識から 延安意識の中に 陕北が繁栄になった。
    「ある優れた社会科学者。彼の名前はレーニンです。」とスノーの小説に書ったものが私の頭に浮かべた。「一般歴史は 特に革命歴史について 豊富な内容がある。そのできことには 多種多様に生き生きとしている。最上の党と階級と思い出した物より もっと 活躍している。これでよく分かることができる。最上の党には 何千何万人の意識や決心や熱心なとのを現れているところに 鋭い矛盾の下に 人類の才能をぜんぜん暴発した。」とレーニンは言いました。 

    革命時代にその才能が搾取階級や侵略者を覆すために利用して 平和時代にもっと優しい生活を追求するために利用した。
                                           宋詞    新しい陕北
    秦川には 東に流れて 山野が 大势に立った。革命町の中で 旗をなびかせて 社会には 変化した。荒しい山に価値がないというではない。緑山の下に田を耕した。真面目に働いて 奇跡になった。 


233

主题

3

好友

1万

积分
     

版主

Rank: 16Rank: 16Rank: 16Rank: 16

UID
1239730
精华
53
积分
18335
在线时间
7147 小时
最后登录
2018-12-14
发表于 2018-12-14 15:52 |显示全部楼层
                 中、英、日三语配宋词红色散文《寻找斯诺的红色足迹》完成。
                          年度纪念马克思诞辰200周年文化完工。
您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册

联系我们|论坛管理制度|手机版|免责声明|镇江论坛 ( 苏ICP备05002936号

GMT+8, 2018-12-14 20:48 , Processed in 0.100497 second(s), 26 queries .

Powered by Discuz! X2.5 Licensed

© 2001-2012 Comsenz Inc.

回顶部